精油の安全性マスタークラス
第2改訂版「再履修コース」

¥30,000 (税別)

31件の利用者評価に基づく5段階評価のうち、5.00
(31 件のレビュー)

注意:当コースは、初めてご受講される方は、ご利用いただけません。

2022年10月開講クラスに第一期生として、ご受講いただいた方を対象に再履修コースを設定いたしました。

内容や教材は、前回と同じものになります。フォーラムなどは、今期の2期生と同等のサービスが受けられます。

もう一度、じっくり学習したい方に向けて、特別価格にてご提供させていただくコースとなります。

*本講座は、毎週1レッスンずつ配信されていきます。受講期間中は何度でもいつでも、ご受講可能です(例えば、2週間分まとめて聴講も可)

配信期間:9月18日(月)〜12月18日(月)
*受講期間はコース修了後12週間(202434日)までです。

講師:ロバート・ティスランド
受講料:¥30,000(税別)
時間、内容:前回と同じ

お申込み:9月14日(木)まで

在庫切れ

カテゴリー:

説明

精油の安全性マスタークラス
第2改訂版

このオンライン認定コース(全8回)は、『精油の安全性ガイド Essential Oil Safety』の著者である、世界有数の精油のエキスパートであるロバート・ティスランドが講師を務め、安全性を科学し、安全のためのガイドラインの根拠を探ります。

このコースでは、精油が体内でどのように作用するか、ある種の特性(有益なものや、そうでないもの)の原因となる成分を特定して、リスクと利益の評価方法を探り、適切な割合を算出するなど、さまざまな発見があります 。

『精油の安全性マスタークラス』を受講されると、ご自身の知識のレベルに関わらず、精油の知識、現在のエビデンス、臨床試験、最良の実践例を参考にして、自ら得た情報をもとに決断をすることができるようになります。自分自身や家族、友人、アロマセラピーのクライアントのために、自信を持って、安全にエッセンシャルオイルを調合することができるようになるのです。

この4年間、世界中から通算およそ2,000人もの受講生がこのコースを履修してきました。彼らと共に質問や情報交換など活発なコミュニケーションが交わされ、当コースを何期も運営してきたロバートは、卒業生からのフィードバックや新しい臨床研究の情報も盛り込み、コース内容を大幅更新しました。そこで、今春(2022)に開講された『精油の安全性マスタークラス第2改訂版』は、新しいレッスン2回分追加され、通算8回のコースとなりました。

 

ロバート・ティスランド(Robert Tisserand)

作家|講演家|TISSERAND INSTITUTE主宰
40年以上の経験を持つ、アロマセラピー界を牽引する世界有数の専門家。エッセンシャルオイルの科学と効能、安全で効果的な使用法に関する講演者、教育者、著者、コンサルタント。功績により、IFA、IFPA、AIAから名誉生涯会員の称号を与えられている。

英国、米国、カナダ、オーストラリア、ブラジル、チェコ共和国、中国、香港、台湾、韓国、日本などで、エッセンシャルオイルの治療上の基礎からエッセンシャルオイルと皮膚に関する試験まで、幅広いテーマで講演している。アロマセラピーの科学的発展を指針として活動している。

主な著書:『The Art of Aromatherapy』(アロマテラピー/〈芳香療法〉の理論と実際:12の言語で出版されている)、『Essential Oil Safety』(精油の安全性ガイド)など。
ティスランド・インスティチュート日本語サイト:http://www.tisserandinstitute.jp

レビュー

レビューはまだありません。

“精油の安全性マスタークラス
第2改訂版「再履修コース」” の口コミを投稿します